BTSプロンポン駅前の「ナントラ スクンビット39 ホテル」宿泊記~3,000円で泊まれる格安中級ホテル

ナントラ スクンビット39 ホテル

バンコク BTSプロンポン駅のすぐそばという恵まれたロケーションにありながら、1泊3,000円で泊まれる格安なバジェットホテル「ナントラ スクンビット39 ホテル」に宿泊する機会があったのでレポートしたい。プロンポンは日本人駐在員家族が多く住むことから、日本人向けのレストランやカラオケ、エステサロンなどのサービスが多い地域。駅前には日本人御用達のフジスーパーもある。

「ナントラホテルグループ」はバンコクを中心にパタヤやクラビ、サムイ島などで格安エコノミーホテル、およびビーチリゾートを展開しているホテルグループだ。

今回泊まった「ナントラ スクンビット 39 ホテル」の最大の魅力は、何と言ってもその立地条件と格安の宿泊費だろう。筆者はホテル予約サイトagodaのタイムセールを利用してスタンダード(朝食付き)の部屋を税込み1泊2,999円で予約した。

スポンサーリンク




ナントラ スクンビット39 ホテルの周辺とホテル内

btsプロンポン-2

btsプロンポン-7

btsプロンポン-8

ナントラ スクンビット39 ホテル-3

BTSプロンポン駅オンヌット方面改札口を出て、エンポリアムデパートとは反対側の階段を下りる。スクンビットに並ぶ屋台の喧噪を横目にファミリーマートを左手にしてソイ37を曲がるとオープンエアの食堂があり、マッサージ店やクラブが軒を連ねている。

突き当たりには、オレンジ色の建物の「ワットポー・マッサージスクール スクンビット校」、そして「うなぎ中村」が見える。その左側が「ナントラ スクンビット39 ホテル」だ。BTSプロンポン駅から歩いて1,2分、駅から近いというのは実に快適だ。

ナントラ スクンビット39 ホテル-11

ナントラ スクンビット39 ホテル-10

ナントラ スクンビット39 ホテル-12

ナントラ スクンビット39 ホテル-13

ナントラ スクンビット39 ホテル-9

ナントラ スクンビット39 ホテル-8

全62室からなる「ナントラ スクンビット 39 ホテル」は2012年オープンの新しいホテル。こぢんまりとした館内は明るい基調のモダンな造りに仕上げられている。

客室は至ってシンプル。程よく小ぶりにまとまめられた部屋には、ダブルベッドが設置されており壁掛けのサムスンの液晶テレビが目を引く。机の端には小さな金庫も設置してある。

水回りは清潔だが、均一でないタイルやはみでたパテなど雑な仕上げ感は否めない。バスタブのないシャワー室は、集中ボイラーではなく個別に電気給湯器がついており、シャワーの最中にぬるくならないか心配したが暖かいお湯が十分に使えた。

部屋の鍵はキーカードを使用する。キーカードにはネットワーク名(SSID)とパスワードが記されており、フリーWiFiにアクセスが可能だ。

ナントラ スクンビット39 ホテル-19

ナントラ スクンビット39 ホテル-16

ナントラ スクンビット39 ホテル-17

シンプルな朝食がついており、翌朝はコーヒーとパン、フルーツを食べてホテルを後にした。室内は全面禁煙になっているので、喫煙者は屋外のテラスで喫煙することになる。

「ナントラ スクンビット 39 ホテル」総評

サービスはビジネスライクだ。きめ細かさやワンランク上のホスピタリティは期待できないものの、シンプルなバジェットホテルにこの立地条件と価格なら文句のつけようはないだろう。

清潔な部屋にはエアコン、冷蔵庫、フリーWiFiと必要最低限の設備は整っており快適な一夜を過ごすことができた。アソーク、プロンポンでの所用やエカマイの長距離バスステーションを利用する時などに宿泊するのはどうだろうか。

「The District EM」大規模な駅前プロジェクトの進むプロンポン

btsプロンポン-6

btsプロンポン

btsプロンポン-4

プロンポンのランドマークと言えば駅と直結するエンポリアムデパートだが今現在、2014年末の全面リニューアルオープンに向けて粛々と工事が行われている。この改修工事と同時に、BTSプロンポン駅ではエンポリアムデパートの母体であるモールグループによるメガプロジェクト「The District EM」が進行中だ。

エンポリアムのプレスリリース(PDF)によると、「The District EM」はプロジェクトエリア650,000平方メートル。3つのショッピングコンプレックス、ホテル、オフィス、住居からなる巨大なプロジェクトだ。

3つのショッピングコンプレックスは、「エンポリアム」とBTSプロンポン駅を挟んでエンポリアムデパートの対面に建設中の「Emquarier」(写真右端 2014年末完成予定)、ベンチャシリ公園に隣接して建設される「Emsphere」(2016年初完成予定)になる。

「The District EM」プロジェクトが完成すればバンコク有数の一大ショッピングエリアが誕生し、プロンポン駅周辺は一変することに間違いないだろう。

「ナントラ スクンビット 39 ホテル」の場所

—Nantra Sukhumvit 39 Hotel—
住所 1/46 – 49 Sukhumvit 39 (Prompong), North Klongton Wattana,
スクンビット, バンコク, タイ
TEL +66 2 662 5957

ナントラホテルグループは、エカマイやトンロー、シーロムなど他にもいろいろな場所にある。下記リンクも参照にしてもらいたい。agodaではタイムセールが狙い目だ。

(更新日 2014年11月9日)

スポンサーリンク