「第27回スタンダードチャータード バンコクマラソン2014」が開催

バンコクマラソン-2014-4

 今年で27回目を数える「スタンダードチャータード バンコクマラソン2014」が16日、タイのバンコクで開催される。

 バンコクマラソンはスタンダードチャータード銀行がタイトルスポンサー。同銀行がタイトルスポンサーになっているマラソン大会は、バンコクの他にシンガポールマラソン、香港マラソン、そしてクアラルンプールマラソンなどがある。

 「第13回スタンダードチャータード シンガポールマラソン2014」は12月7日、「第19回スタンダードチャータード 香港国際マラソン2015」は来年1月25日に開催される予定。

バンコクマラソン-2014

 バンコクマラソンのスタート地点は王宮に面するサナムチャイ通り。チャオプラヤ川に架かるピンクラオ橋を渡り、トンブリー地区で折り返す。帰路はラーマ8世橋を渡って旧市街地に戻り、国立劇場、王宮、ワットポーを駆け抜けてゴールする。

 フルマラソンの他にもハーフマラソン、10キロレース、4.5キロラン&ウォークがあり、毎年国内外から4万人近くのランナーが参加する。フルマラソンは夜中の2時にスタート。上位入賞者にはキングスカップと賞金が授与される。

スポンサーリンク




スタンダードチャータード銀行とは?

スタンダードチャータード銀行は、イギリスのロンドンに本拠地を置く世界第5位の金融グループ。アジア太平洋、アフリカ、中東地域をメインに活動し、世界70ヵ国に1,700拠点、約86,000名の行員を擁する。日本では1880年に初めての駐在員事務所を横浜に設立している。


スタンダードチャータードバンコクマラソン

■フルマラソン(42.195km)コースルート

「王宮」‐サナムチャイ通り⇒サナムルアン(王宮前広場)
⇒ピンクラオ橋⇒シリントン通り⇒折返し(16㎞)地点⇒ラーマ8世橋
⇒ウィマンメーク宮殿(ラーマ5世博物館)⇒チットラーダ宮殿⇒国連ビル
⇒ラチャダムヌンスタジアム⇒プラスメン通り⇒プラアチット通り⇒国立劇場
⇒「王宮」-サナムチャイ通り <制限時間 6時間>

■ハーフマラソン(21.0975km)コースルート

「王宮」‐サナムチャイ通り⇒サナムルアン(王宮前広場)
⇒ピンクラオ橋⇒折返し(5㎞)地点⇒ラーマ8世橋⇒
ウィマンメーク宮殿(ラーマ5世博物館)⇒チットラーダ宮殿⇒国連ビル
⇒ラチャダムヌンスタジアム⇒プラスメン通り⇒プラアチット通り
⇒国立劇場⇒タマサート大学⇒「王宮」-サナムチャイ通り <制限時間 3時間>

「関連情報」

(更新日 2014年11月13日)

スポンサーリンク