「LINE CAFE LINE×true coffee」がバンコク・サイアムセンターにオープン予定

line-cm-thai

 無料通話・メールアプリ大手のLINEがタイ・バンコクのショッピングセンター、サイアムセンター内に「LINE CAFE LINE×true coffee」をオープンさせるようだ。

 日本で開発されたLINEは、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)のフェースブックと並んでタイでも定番のアプリケーションに成長。スマートフォンユーザーに欠かせないチャットアプリとして定着している。

 タイではLINEの公式キャラクターグッズも大人気。セブンイレブンやカシコン銀行といったタイを代表する企業とコラボレーションしたキャンペーンが話題になる。ブラウンやムーン、コニーは、どらえもんやハローキティと言った日本のキャラクターと共に若年層の間でうけているからだ。LINE GAMEも人気が高い。LINEチャットでタイ人の友人からゲームの招待状が送られてくる読者も多いのではなかろうか。

 余談になるが、タイ人とチャットをすると「5555」などの数字が送られてくることがよくある。これは決してただの数字ではない。数字の5はタイ語で‘ハア’と発音することから、笑うこと‘hahahaha’を意味する当て字だ。日本の「(笑)」「wwww」と言ったところだろうか。

line-2

line-3

 LINE CAFEはコーヒーチェーン店のtrue coffeeとのコラボレーションになるようだ。ツイッターではサイアムセンター2階に工事中のショップは相当な規模であることがつぶやかれている。オープンが待ち遠しい。

スポンサーリンク




バンコク・サイアムセンター

サイアムセンターは、2013年にリニューアルオープンした流行の最先端を行くショッピングモール。BTSサイアム駅に直結しており、まさに改札口から0分!

サイアムセンター-4

サイアムセンター-3

サイアムディスカバリーとサイアムパラゴンの間に位置する館内は、おしゃれで流行に敏感な若者が集まる。館内の斬新的なデザインは、明らかに他のショッピングセンターとは一線を画している。テナントもファッショナブルなアンテナショップが立ち並ぶ。1階広場では新商品の発表会などでマスコミ関係者も多く集まる。

サイアムセンター-2

サイアムセンター

サイアムセンター-1

■タイLINEの泣けるCM~父と娘の絆

タイ LINEのCM

「関連情報」

(更新日 2014年11月15日)

スポンサーリンク