タイ語の「soi」って何?「ソイ(小路)」と「タノン(通り)」の違いと使いかた

ソイ」は小路や脇道、「タノン」は通りを意味するタイ語です。

これらは、大まかな場所をわかりやすく告げたい時に、便利に使える単語でもあります。たとえば、タクシーに乗って「スクムビット通りのソイ39まで行って下さい」というような言い方をします。

今回は、ソイ(soi)とタノン(thanon)についてまとめてみたいと思います。




ソイ(soi)とは?

ソイの意味と英語

ซอย(sɔɔy)ソーイ」は、小路、枝道、脇道を意味します。英語では「Alley、side street」。

BTSプロンポン駅近くのソイ

スクムビット通りとソイ

一例として、バンコクのBTSプロンポン駅近くにある「ソイ」を地図で見てみましょう。

「スクムビット通り」のような幹線道路に対して、そこから脇にそれる枝道が「ソイ」になります。

ソイの道路幅は、それこそ行き止まりになる小さな路地から、スクムビット・ソイ55(トンロー通り)や路線バスの走行ルートにもなっているスクムビット・ソイ63(エカマイ通り)などのような片側2車線道路までさまざまです。

同じ番号のソイがある場合のスラッシュ

同じ番号のソイが複数ある場合は、「スラッシュ + 数字」で区別されることがあります。たとえば、スクムビット・ソイ33には、「ソイ33/1」があります。

タイ語でスラッシュは「ทับ(tʰáp)タップ」と読みます。この場合なら、「ソイ33 タップ 1」です。

ちなみに「スクムビット・ソイ33/1」には、日系のフジスーパーや日本食レストラン、居酒屋などが多くあり、現地在住の日本人が好んで訪れるソイの一つです。

タイ語で数の数え方は?タイ語数字の読み方と書き方

2021-03-19

ソイの偶数と奇数番号

ソイの番号は、道路のサイド別に奇数番と偶数番にわけてつけられています。

上のプロンポン駅の地図を見てみると、偶数のソイ22、24、26はスクムビット通りの南側、奇数のソイ33、35、37、39は道路を挟んだ北側に位置しています。

名前のついているソイ

ソイは通常、番号が振られていますが、ベンジャシリ公園脇の「ソイMethi Niwet」のように、数字ではなく名前のついているソイも多数あります。

また、ソイ63は「エカマエ通り」、ソイ55は「トンロー通り」など別称で親しまれるソイもありますね。

タノン(thanon)とは?

タノンの意味と英語

ถนน(tʰà nǒn)タノン」は、~通りを意味します。英語では「Road、Street」。

バンコクのタノン

タノンは、その地域の重要道路で車の交通量が多い整備された道路です。

バンコクのMRTペッチャブリー駅周辺を例にみてみると、「ถนนสุขุมวิท(タノン スクムウィット)スクムビット通り」、「ถนนเพชรบุรี(タノン ペッブリー)ペッチャブリー通り」、「ถนนรัชดาภิเษก(タノン ラチャダーピセーク)ラチャダーピセーク通り」などのタノンがあります。

ソイとタノンを使った場所の言い方

タクシーなどを利用するとき、「ソイとタノン」を言うことで、大まかな場所をわかりやすく伝える時ことができます。

スクムビット通りのソイ22に行ってください。

ไปถนนสุขุมวิทซอย22バイ タノン スクムウィット ソーイ イーシップソーン

ソイの入り口

ปากซอย(pàak sɔɔy)バーク ソーイ

ソイの終わり

ท้ายซอย(tʰáay sɔɔy)ターイ ソーイ」、「สุดซอย(sùt sɔɔy)スット ソーイ

ソイとタノンのまとめ

今回は「ソイ(soi)とタノン(thanon)」についてまとめてみました。いかがだったでしょうか?

バンコクには個性のあるソイがたくさんありますね。みなさんのお気に入りのソイは何番ですか!?