エアアジアの東南アジア周遊パス「ASEANパス-アセアンパス」が販売開始

 エアアジアの東南アジア周遊パス「ASEANパス-アセアンパス」の販売が、エアアジアウェブサイトで開始されている。

アセアンパス

 価格は10クレジットで30日有効チケットが18,000円、20クレジットで60日有効チケットが32,000円。タイ,インドネシア,シンガポール,フィリピン,マレーシア,ブルネイ,ベトナム,ミャンマー,ラオス,カンボジアの10カ国から構成されるアセアン域内の137路線が対象となる。

アセアンパス-2

 距離やフライト数によって必要クレジットが異なり、1クレジットと3クレジットの路線が設定されている。例えば、マレーシアのクアラルンプールを起点にしてインドネシアのバンドン(3クレジット)→シンガポール(1クレジット)→バンコク(3クレジット)→クアラルンプール(3クレジット)というルートでちょうど10クレジットを消費することになる。

 フライトの14日前までに予約が必要となっており、諸費用は別途必要となる。

アセアンパス-3

 同じ路線は一度しか利用することができないので注意が必要だ。クアラルンプール→シンガポール(1)→クアラルンプール(1)→シンガポール(1)→クアラルンプール(1)というルートは不可能だ。クアラルンプール→ジョホールバル(1)→ホーチミン(1)→バンコク(1)→シンガポール(3)→ジャカルタ(1)→クアラルンプール(3)と周遊する旅程を組む必要がある。

アセアンパス-4

「関連情報」

(更新日 2015年2月17日)

スポンサーリンク