タイ語で「わたし・あなた・彼・彼女」は何?人称代名詞「ポム・ディチャン・クン・カオ」の意味

タイ語で1人称代名詞「わたし」は、男性の自称「ผม(ポム)」、女性の自称「ดิฉัน(ディチャン)」、2人称代名詞「あなた」は、「คุณ(クン)」などがあります。

この回では、タイ語でよく使われる標準的な人称代名詞に慣れておきましょう!




タイ語の人称代名詞

人称代名詞とは、人を指す代名詞です。

1人称、2人称、3人称があり、

  • 1人称は話し手(書き手)自身「わたし」
  • 2人称は相手「あなた」
  • 3人称は第三者「彼・彼女」

を指します。タイ語の人称代名詞には単数と複数があります。

人を指す代名詞は、日本語で「君、あなた、あんた、おまえ」などと話す相手によって使い分けているように、タイ語でも、人間関係や状況によって、丁寧な言葉とくだけた言葉を適宣使い分けています。

タイ語の1人称

私(男性)ผม(ポム)

男性の自称「わたし」は、「ผม(pʰǒm / ポム)」です。目上または、同輩に対する丁寧な言葉で普遍的に用いられ、ほとんどのシチュエーションで使用することができます。

私(男性)は日本人です。

ผมเป็นคนญี่ปุ่นครับ(ポム ベン コン イープン クラップ)

私(女性)ดิฉัน(ディチャン)

女性の自称「わたし」は、「ดิฉัน(di cʰǎn / ディチャン)」です。目上または、同輩に対する丁寧な言葉。かしこまった「わたくし」という響きがあり、目上と話す場合は「ดิฉัน(ディチャン)」を使う必要があります。

私(女性)は日本人です。

ดิฉันเป็นคนญี่ปุ่นค่ะ(ディチャン ベン コン イープン カ)

ฉัน(cʰǎn / チャン)」は、男女どちらにも使うことができる一人称単数です。「ฉัน(チャン)」は、「わたし、ぼく」の意味で、同年代または、目下に対して用いるよりくだけた言い方。 

外国人がタイ語クラスやタイ語教科書で学ぶとき、丁寧で聞こえの良いタイ語として、まずは「ผม(ポム)とดิฉัน(ディチャン)」を使うように教えられますね。

私たち เรา(ラオ)

1人称複数形「わたしたち」は、「เรา(rao / ラオ)」です。「พวก(pʰûak / プワック)~たち」を前につけて「พวกเรา(pʰûak rao / プワック ラオ)」とも言います。

タイ語の2人称

あなた คุณ(クン)

2人称単数形「あなた」は、「คุณ(kʰun / クン)」です。「ผม(ポム)・ดิฉัน(ディチャン)」に対応する2人称の表現で、目上または、同年代に対する丁寧な言葉。「คุณ+名前」とすれば、よりかしこまった表現になります。

あなた達 พวกคุณ(プアッククン)

2人称複数の「あなたたち」は、「พวกคุณ(pʰûak kʰun / プアック クン)」です。複数は「พวก(プアック)~たち」を前につけます。

タイ語の3人称

彼・彼女 เขา(カオ)

3人称単数の「彼・彼女」は、「เขา(kʰǎo / カオ)」です。

彼・彼女たち พวกเขา(プアック カオ)

3人称複数の「彼たち・彼女たち」は、「พวก(プアック)~たち」を前につけて「พวกเขา(pʰûak kʰǎo / プアック カオ)」になります。

親しい間がらの人称代名詞

タイ人同士の親しい間柄では、名前やチューレン(あだ名)で呼び合うほかにも、いろいろな人を指す代名詞を使います。下によく耳にする呼び方を挙げてみます。

พี่(pʰîi / ピー)」と「น้อง(nɔ́ɔŋ /ノーン)」

พี่(pʰîi / ピー)」は、年上が自称したり、年上への呼びかけに使われます。「พี่(ピー)+名前」で呼びかければ、より親近感がましますね。

น้อง(nɔ́ɔŋ /ノーン)」は、年下が自称したり、年下への呼びかけに使われます。「หนู(nǔu / ヌウ)」も年下や子供に対して使われる言葉です。

เธอ(tʰəə / ター)」

เธอ(tʰəə / ター)」は、親しい間柄でよく使われるカジュアルな表現。「おまえ、君、あなた、あんた」など対等または、目下の者に親しく呼びかける2人称。 

แก(kɛɛ / ゲー)」と「มึง(mɯŋ / ムン)」

แก(kɛɛ / ゲー)」は、「あんた、おまえ」というニュアンスで同輩、目上が目下に対して使う2人称。「มึง(mɯŋ / ムン)」は、「おまえ、貴様」というニュアンス。「มึง(mɯŋ / ムン)」に、対応する1人称は「กู(グー)俺」です。

これらは、特に親しい間柄で使われる「マイ スパープ (礼儀正しくない、下品な)」な言葉に分類される表現になります。 

ท่าน(thâan / タン)」

ท่าน(thâan / タン)」は、「あなた、あなたさま、あのかた、貴殿、閣下」など、2人称、3人称の尊称。政府機関などで使われます。

ที่รัก(tʰîi rák / ティー ラック)」

ที่รัก(tʰîi rák / ティー ラック)」は、恋人同士が呼び合う時に使います。「ตัวเอง(tua eeŋ / ドゥアエーン)」も同様。

ลุง(luŋ / ルン)」「ป้า(paa / バー)」

その他にも、「ลุง(luŋ / ルン)おじさん」、「ป้า(pâa / バー)おばさん」、「ยาย(yaay / ヤーイ)年配のおばさん」など、人を指す代名詞はいろいろあります。

人に呼びかける場合は?

タイを旅行中に、人の注意を引きたいときは、「ขอโทษนะครับ / ค่ะ(コートート ナ クラップ / カ)すいません」や2人称代名詞を使って「คุณนะครับ / ค่ะ(クン ナ クラップ/ カ)」と呼びかければいいですね。

คุณ」を使って、医者を「คุณหมอ(kʰun mɔ̌ɔ)」、先生を「คุณครู(kʰun kʰruu)」と呼ぶこともできます。